北九州市立大学 国際環境工学部

木原研究室


木原研究室では、ヒトなどの細胞を用いて、細胞と細胞外マトリックスが織りなす生命現象の研究を行っています。

 

細胞は私たちの体を構成する最も小さな単位です。その種類は270とも言われ、それぞれの細胞が様々な機能を持っています。さらに細胞は、それぞれ個別に働くだけでなく、お互いに協働して組織や器官を作り、最終的には個体としての生存を可能にしています。

 

もちろんこの細胞だけでは私たちの体を構築することはできません。細胞の周りには細胞外マトリックスという細胞を支え、そして細胞を維持する環境・空間が作られています。そのため、この細胞と細胞外マトリックスの組み合わせが私たちの体を構成する一つの単位とも考えられます。

 

私たちは、この細胞と細胞外マトリックスによる構成単位がいかに作られるのか、さらにこの構成単位によってどのような生命現象が実現されているのかについて研究を行っています。

 

特に、骨がどうやってできるのか、筋線維芽細胞という特殊な細胞の機能をどうやって制御するか、白血球や上皮細胞の表面で生じている機能と物性の関係、さらには細胞を解析するためのDeep Learningシステムについて研究を行っています。

 


What's new

2022/07/18

北九州市立大学のオープンキャンパスで、模擬実験とオンライン座談会を実施しました。

 

2022/06/13

8月10日(水)に小学5・6年生、中学生を対象とした、JSPSひらめき☆ときめきサイエンスを行います。

2022/04/20

私も参加する「北九州サイエンスガールプロジェクト」が、科学技術振興機構(JST)女子中高生の理系進路支援プログラムに採択されました。これから2年間、「オンラインラボと体験ラボで理系進路を応援する 北九州サイエンスガールプロジェクト」として活動をしていきます。皆さん期待してください。

 

2021/11/19

α-mantostinが白血球の表層連結タンパク質ERMの脱リン酸化を誘導することで、細胞接着を誘導し機械的な表面硬さを低下させることを明らかにした論文がHuman Cellにアクセプトされました。

 

2021/07/28

私も参加する「世界に羽ばたけ!北九州サイエンスガールプロジェクト」の活動が、公益財団法人日産財団・第4回リカジョ育成賞グランプリに選定されました。

 

2021/07/24

7月23, 24日に北九州市立大学オープンキャンパスがあり、環境生命工学科模擬実験「細胞の実験体験」を行いました。参加してくれた高校生の皆さん、手伝ってくれた大学生・大学院生の皆さん、ありがとうございました。2日間で8セット実験をやって久しぶりにクタクタになりました。

 

2021/07/26

白血球の細胞において、機械的な表面硬さと細胞接着が表層連結タンパク質ERMによって制御されていることを明らかにした論文がHuman Cellでパブリッシュされました。

 

2020/04/01

α-mantostinがアクチン繊維に作用し、様々な細胞の機械特性を変化させることを見つけた論文がHuman Cellでパブリッシュされました。

 

2019/10/23

骨形成細胞が三次元コラーゲンゲル中で微少な石灰化(calcospherulites)を形成する論文がPeerJでパブリッシュされました。